teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


若者ダンス国際交流カルフールin世田谷

 投稿者:アストライアの会メール  投稿日:2011年 9月18日(日)17時59分39秒
返信・引用
  東京都ユネスコ連絡協議会の後援の許に、フォークダンスを通じて青少年の健全な出逢いと
交流を目指す運動が今、大学生や若い方々を中心に、都内各地や近県に拡まって来ています。
それが若者フォークダンス運動『フォルクローレ』です。
フォークダンスのほかに、ユネスコ遺産マチュピチュ遺跡発見百周年にちなみ、ペルーやボリビアの人達による中南米の踊りや音楽、皆さんと一緒に歌う「コンドルは飛んでゆく」など盛り沢山!
初心者の方が中心になりますので、どなたも安心してご参加下さい。
また、ダンスを通して国際交流や、素敵なお友達が出来ますよう、楽しみにしています。

日時  平成23年10月30日(日)午後1時から5時
場所  烏山区民センター前広場(京王線、千歳烏山駅北口下車、スグ)
参加費 無料(雨天の場合は、烏山区民センター第五会議室でお茶会のみ)
曲目  欧米及び中南米のやさしいフォークダンスをその場で習って踊ります。
対象  10代~30代の青少年男女

主催 世田谷フォルクローレ実行委員会
後援 東京都ユネスコ連絡協議会 毎日新聞社 世田谷区教育委員会 東京都女子体育連盟
東京都青少年・治安対策本部 (公財)世田谷区スポーツ振興財団 ペルー大使館
ボリビア大使館 独立行政法人国際協力機構 (財)日本国際教育支援協会
日本青年国際交流機構 東京世田谷ロータリークラブ 他、協力・協賛多数

電話番号049-258-3218松原(事務局)090-7027-7292谷田  E-mail  folklorestar@gmail.com

http://www.gilishya-shinwa.com

 
 

ディエゴハスカルビッチのチャランゴと松田美緒ライブコンサート

 投稿者:浦上メール  投稿日:2010年 7月28日(水)08時42分50秒
返信・引用
  明日、渋谷クロコダイルで開催するコンサートに10名様をご入場無料でご招待いたしたく存じます、ご希望の方は、yoyo123@alles.or.jp もしくは、090ー9830-9690浦上までご連絡ください。

★来日する、アルゼンチン出身のチャランゴ弾きのディエゴハスカルビッチと、日本が誇るファド、ラテンシンガーの松田美緒がゲスト出演するライブコンサートを7月29日(木)渋谷クロコダイルで行います、是非、皆さま、熱い演奏と歌を身体で聴きにいらして頂ければ幸いに存じ上げます!
ホットクラブパシフィック・プロデューサー 浦上宗治

ディエゴハスカルビッチのチャランゴと松田美緒ライブコンサート
●日時 2010年7月29日(木) OPEN18:00 LIVE19:00~
   CROCODILE・クロコダイル 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
   Tel: 03-3499-5205 http://www.crocodile-live.jp
●当日3000円、予約2500円
●出演★
ディエゴ ハスカルビッチ(Diego Jascalevich)・チャランゴ
サンドラ バウアー(Sandra Bauer)・フルート
●ゲスト
松田美緒・ファド ラテンヴォーカリスト
沢田穣治・ベース
伊澤陽一・スチールパン
●予約、お問い合わせホットクラブパシフィック・Eメール yoyo123@alles.or.jp ・浦上携帯 090-9830-9690


チャランゴ奏者・ディエゴから日本の皆さまへのメッセージ
故郷を離れ、人生の四分の三近く世界を旅し、常に私と共に歩んだ旅行カバンの内の宝物は、「文化」で有り「音楽」そのものです。 音楽とは私にとって、全ての国の人々と接する言語であり、また、魂の会話そのものです。 日本へのツアーは、新たな文化に出会い、新たな知恵の泉を発見することに有ります、言語を超えた私の演奏との対話へお越しください。
ディエゴJascalevich: プロファイル
アルゼンチン人のチャランゴ奏者、ヴィルトゥーソディエゴJascalevichの演奏に接した貴方は、彼の手の中の小さな楽器の妙技と情熱の嵐に驚いて、言葉を失うでしょう。
近年ディエゴは、ピーター・ガブリエルのワールドミュージックフェスティバルやロンドンのWOMADでの出演と、多くのCDレコーディングの録音演奏、また、イタリア人のテノール歌手アンドレア・ボチェッリやフラメンコギタリストホセルイスMonton のゲストミュージシャンとして活躍しています。
彼はブエノスアイレスで成長した後、何年間もブラジルのバイアで生活し、また、ドイツの文化に触れドイツを住み処とする以前は、ローマに移り住みました。
ディエゴにとって音楽は世界の共通語で、自由に世界中を旅する事が出来るティケットでも有り「音楽とは、神が施したバベルの言葉の混乱から、唯一逃れたもの」だと信じています。
彼は、軍事独裁政権下のアルゼンチンから逃れ、ブラジルのリズム・バイアに喜びを見出し、音楽を友に旅を始め、そして歩み続けています。
今日、チャランゴは南米アンデス山脈で一般的に使用される楽器ですが、ディエゴJascalevichはこの可愛い絃楽器のために、新しく、メロディックな演奏テクニックを開発し、彼以前に耳にした事がない奏法を、より、リズミックで、しかも、歌詞の気分を高揚させる素晴らしい演奏で、貴方を、間違いなく最高の気分にしてくれます。
ディエゴJascalevich 渋谷クロコダイル ライブコンサート・プロデューサー 浦上宗治

Diego Jascalevich
http://www.youtube.com/watch?v=t6uvCOHE6pg
http://www.youtube.com/user/diegojasca


ゲスト
松田美緒 ファド・ラテンシンガー
秋田生まれ、九州、京都育ち。
2003年からリスボンに住み、ポルトガルの大衆音楽ファドを歌う。2004年、 リスボンから大西洋を渡ってブラジルへ。ミナス・ジェライス州の音楽祭にポルトガル代表グループのヴォーカリストとして出演。また、大西洋にうかぶ諸島国カーボ・ヴェルデに歌手として滞在。ポルトガル語圏の歌を歌う歌手となる。
2005年、リオ・デ・ジャネイロにて、ポルトガル、ブラジル、カーボ・ヴェルデをつなぐ大西洋の歌を綴った1stアルバム『アトランティカ』をレコーディング(2005年ビクター) 。プロデューサーのホジェリオ・ソウザと兄であるバンドリン奏者ホナウド・ド・バンドリンを招き、大阪、東京にてデビューコンサートを行った。

2006年、ブラジル北東部のリズムと物語をちりばめた2ndアルバム『ピタンガ!』を同じくビクターよりリリース。この作品で作詞作曲家としての才能を見事開花させた。
2007年、日本とブラジルの叙情歌を歌う3rdアルバム『アザス』をリリース。発売後の2007年秋には同作を共同プロデュースしたブラジル音楽の巨匠ジョアン・リラ(g)を日本に迎え、全国ツアーを行った。
2008年5月、3枚のCDの集大成として、ブラジル移民100周年記念アルバム『ルアール』をビクターよりリリース。11月にはブラジルのレシフェにて記念コンサートも行う。
同年、ブラジルにてジョナサン・ノシター監督の新作映画に出演。
2009年1月、アンサンブル・エクレジアのCD「巡礼の歌」レコーディングに参加。ガリシア語の中世の聖歌を歌う。また、ベネズエラのマンドリン奏者リカルド・サンドバルに招かれフランス・ツアーを実施。
8月、ウーゴ・ファトルーソ、ヤヒロトモヒロと、4thアルバム『クレオールの花』をレコーディング。2010年1月20日発売(オーマガトキ)。2010年1月には、リカルド・サンドバルに招かれ、ベネズエラ・ツアーが予定されているほか、2月末からはウーゴ・ファトルーソが来日し、『クレオールの花』発売記念ツアーをする。
在日地球人として、国境を軽々と越え続けるそのスケール感は圧倒的。ブラジル音楽、ファド、その他ポルトガル語圏やスペイン語圏の音楽の歌い手として国内外で活躍する彼女の、言語、ジャンルの垣根を超越した歌は各方面、そして世界中のミュージシャンから大きな注目を集めている。時間と時間、土地と土地を繋ぎ、人々の普遍的な感情を歌うこと・・・これこそが松田美緒がもっとも大切にしていることであり、その歌声には彼女の旅する様々な地域の魂が宿っている。
myspace
http://www.myspace.com/miomatsuda
youtube
http://www.youtube.com/results?search_query=%E6%9D%BE%E7%94%B0%E7%BE%8E%E7%B7%92&aq=f

http://www.alles.or.jp/~yoyo123/

 

会計報告

 投稿者:カイヤメール  投稿日:2009年 6月18日(木)21時03分3秒
返信・引用
  やった方がいいとおもいます。  

当日のスケジュール等

 投稿者:Daijito  投稿日:2009年 5月27日(水)17時46分44秒
返信・引用 編集済
  当日のおおまかな流れと役割分担です。

12:00;会場(キューバンカフェ)集合、ステージ設営。手の空いている方は天気よければ外で音出しはできますが、会場内の楽屋(控室)スペースは楽器など所持品の保管場所としてのみご利用お願いします。

14:30;開場。

15:00;開会あいさつ(福田)、第1部スタート。

16:20;休憩。

16:45;第2部スタート。

18:15;終演、全員ステージへ、閉会あいさつ(貝谷さん)、ステージ撤収。

18:45;打ち上げ開始。

21:15;現地解散。

(役割分担、敬称略)
総指揮;福田。
舞台監督;貝谷。
舞台補助;長田。
司会進行;桑原。
ビデオ撮影;西川。
プログラム印刷;石野。
入場受付;恵泉女学園大学サークル。
会計(事後報告含む);福田(特別協力;荒川)。
音響;キューバンカフェ(清野氏)。

※このほか、舞台設営・撤収など様々な面で出演者のみなさんにご協力をお願いするかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

追記;昼食は用意していませんが、お店の向かいにローソンがありますので、そこのものを控室で飲食していただくには問題ありません。近辺はがらんとしており飲食店等はありませんので念のため。
 

プログラム

 投稿者:Daijito  投稿日:2009年 5月27日(水)16時57分55秒
返信・引用
  当日のプログラム(演奏者および曲目)です。

(第1部)

1.栗原貴之(Takayuki Kurihara)
・Entre las sombras(影の狭間に;Ricardo Sandoval作曲)
・Puelche(突風;Freddy Torrealba作曲)

2.安岡 恒(Hisashi Yasuoka)
・Cuando nace la amapola(ひなげしの花の咲くころ;William Ernesto Centellas作曲)
・Orgullosa pocoateña~Pampa palomita(誇り高きポコアタ娘~パンパ・パロミータ;Los Pocoateños作曲~Teófilo Vargas作曲)

3.高藤光彬(Mitsuaki Takafuji)
・雪のひとひら(TOYO草薙作曲)
・タイムマシン(TOYO草薙作曲)

4.保坂幸恵(Yukie Hosaka)
・Ojito de agua(オヒート・デ・アグア;Adrián Otárola作曲)
・Primavera de los Andes(アンデスの春;Eddy Navia作曲)

5.菅野智文(Tomofumi Sugano)
・通り雨(寺沢むつみ作曲)
・Melodía para mi quirquincho(アルマジロに捧げるメロディー;Raymond Thevenot作曲)

6.荒川美樹子(Mikiko Arakawa)
・月下の恋(TOYO草薙作曲)
・ねがい星(TOYO草薙作曲)
・Ven a mí(こちらへおいで;William Ernesto Centellas作曲)


(第2部)

1.AMIGAS DEL CHARANGO(恵泉女学園大学、通称「チャラサー」、特別出演)
・Naranjitay(オレンジ娘;ボリビア伝承曲)

2.鈴木龍(Liu Suzuki)
・月下の沙漠 さやけき光に 幕舎 慄え(Levante作曲)

3.福田大治(Daiji Fukuda、特別出演)
・Inti yacu(太陽と水;Daniel Navarro作曲)
・El diablo suelto(解き放たれた悪魔;Heraclio Fernández作曲)
・Kaluyo del comandante(チェ・ゲバラに捧げるカルーヨ;福田大治作詞作曲)

4.松永鮎奈(Ayuna Matsunaga)
・El baile del quirquincho(アルマジロの踊り;Daniel González作曲)
・En espera(待つあいだ;桑原健一作曲)
・Libertango(リベルタンゴ;Astor Piazzolla作曲、Saúl Callejas編曲)

5.安達満里子(Mariko Adachi)
・Lejanía(遠くに想いをよせて;Ernesto Cavour作曲)
・Recuerdos de Sucre(スクレの想い出;William Ernesto Centellas作曲)
・Rocío(ロシオ;Alejandro Cámara作曲)

6.桑原健一(Kuwabara Kenichi、特別出演)
・2台のチャランゴの為の実験曲(桑原健一作曲)
・Extraviado~Desfile de golosinas (迷い道~お菓子のパレード;桑原健一作曲)
 

当日

 投稿者:カイヤメール  投稿日:2009年 5月23日(土)15時06分35秒
返信・引用
  スタッフ、裏方の役割分担と集合時間などアップしてくださいな
m(_ _)m
 

PR文書例です

 投稿者:Daijito  投稿日:2009年 4月 2日(木)23時44分24秒
返信・引用 編集済
  4月初旬より開始していますイベントPRの文書例です、コメント文章や書式などは適当にアレンジして下さってもちろんOKです。
出演者・運営関係者のみなさんにはさっそく、関係掲示板など、なるべく多くの場にどしどし掲示PRよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第4回チャランゴの集い~4to.Encuentro del Charango en Japon」

日本最大級のチャランゴフェスティバル「第4回チャランゴの集い」が下記の通り開催されます。今回は特に、新しい世代のチャランゴ演奏家たちによる意欲あふれるイベントとなっています!みなさんのお越しを心よりお待ちしています。

日時;2009年5月30日(土)、14:30開場・15:00開演(18:00頃終演予定)

会場;「キューバンカフェ」;地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩2分、JR新橋駅より徒歩12分。http://www.geocities.jp/cubancafe2005/

料金;¥2500(ワンドリンク込)

出演チャランゴ奏者(50音順);

安達満里子、荒川美樹子、栗原貴之、菅野智文、鈴木龍、高藤光彬、保坂幸恵、松永鮎奈、安岡恒。

特別出演;桑原健一、福田大治、恵泉女学園大学チャランゴサークル(Amigas del Charango)。

後援;ボリビアチャランゴ協会(SBC)、駐日ボリビア共和国大使館。

ご予約先;(03)5148-5001(築地キューバンカフェ)

★ご注意;うれしい悲鳴(!)ながら「チャランゴの集い」はおかげさまで毎回好評をいただき、開催の1、2週間前には予約満席となる状況です。ご予約はくれぐれもお早めにお願いいたします。その他お問い合わせは、当イベント世話人代表・桑原(gengakki_baka@hotmail.com)までどうぞ。

文責・「第4回チャランゴの集い」実行委員会(桑原健一・長田明弘・貝谷吉浩・福田大治)。
 

お疲れ様です。

 投稿者:健一  投稿日:2009年 3月 4日(水)12時04分54秒
返信・引用
  そういえば検索サイトって掲示板も引っ掛かるんでしたね。どうやって鍵かけるんでしょう?詳しい方教えてください・・・。

でも見られてまずいやりとりなどは一切ないと思うので、特に問題ないかとも考えています。

Daijito募集のお知らせありがとうございます。各方面へ流してみます。

Osaronさんの投稿にもあるように「第4回チャランゴの集い ~新世代バージョン~」の「~新世代バージョン~」の位置にしっくりはまるようなネーミング募集します。
「ソロで演奏したいのにする機会に恵まれなかったチャランゴ奏者のPR、交流の場になるようにしてきたい」というイメージのネーミングがあると素晴らしいです。
 

第4回チャランゴの集い・出演者公募のお知らせ

 投稿者:Daijito  投稿日:2009年 3月 3日(火)01時36分31秒
返信・引用 編集済
  土曜日はお疲れさまでした、
早速MIXIなどに以下の文章を掲載いたしましたので
よろしくご覧下さい。
特に問題なければ実行委員およびアドバイザーの方々の間でコピーされた上、
心当たりのある各所にもPRお願いします。

福田より。


「第4回チャランゴの集い・出演者公募のお知らせ」

第4回チャランゴの集いが、来る5月30日(土)に開催されることになりました。イベントの詳細はまた後追ってお知らせいたしますが、現在同イベントに出演していただけるチャランゴ奏者の方を募っています。チャランゴファンの間では徐々に知られてきたこのイベントですが、今回は「新世代バージョン」ということで主として新進チャランゴ奏者を対象といたします。もちろん年齢は問いませんが、興味ある方はぜひご一報下さい!概要は以下の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第4回チャランゴの集い・出演者公募概要」

①開催日・会場;2009年5月30日(土)・築地キューバンカフェ

②募集対象;主として新進のチャランゴ奏者で、技術・音楽性およびオリジナリティにおいて優れたものを持っている方々。年齢・性別・国籍は不問です。

③募集人数;若干名。ただし人数過多の場合には、本イベント実行委員会にてデモ音源(④参照)を参考の上、人数を絞り込ませていただく場合もありますので、ご了承お願いします。

④申込期限・方法および申込・お問い合わせ先;
3月25日(水)までに実行委員会の桑原(gengakki_baka@hotmail.com)までメールでご連絡の上、参考資料として2曲ほどのデモ音源をメールまたは郵送にて送付お願いいたします。

文責・第4回チャランゴの集い・実行委員会(桑原健一・長田明弘・貝谷吉浩・福田大治)。
 

Re: ところで

 投稿者:カイヤメール  投稿日:2009年 3月 2日(月)22時36分5秒
返信・引用
  > No.22[元記事へ]

Osaronさんへのお返事です。

鍵かけられるならかけたほうが良いとおもいます。
> Googleさんに見られていますね。
> そのつもりで話し合うってことで良いのでしょうか?
 

レンタル掲示板
/4