teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ダットさんヘ

 投稿者:芝原仁一郎  投稿日:2016年 8月17日(水)15時17分55秒
返信・引用
  友人のジェイクから、こちらにロデオ・スクールに関して質問があったから回答してもらえないか、と連絡がありました。
『海外でのロデオ』に関する保険について、私の経験をもとに回答しますね。

来年、ワーキングホリデーでカナダへ渡加される予定と伺いました。私もブルライディングを始めたのは、カナダへワーキングホリデーで行ったときです。なので、そのときは1年間の海外旅行保険しかありませんでした。
幸いその1年間の滞在では大きなケガはなかったので、保険のお世話になることなく済みました。ただ、それ以降に骨折などのケガを負って入院したこともありました。そういう時は、保険が無いために大変な思いをしました。

そういう場合、すべて自費で払います。日本と違い、病院で診察が終わると会計で支払い、ということはなく、後日(それが1カ月もしくは2カ月先になることもあります)病院や医師から別々に請求書が届き、請求された金額をクレジット・カードで支払います。
(まれに、現金でのみ当日の支払いを受け付けてくれるクリニックもあります)

カナダの医療費はアメリカほど高くはないと思いますが、それでも保険が無い分、100%自費で払わねばなりません。入院した場合、日数にもよりますが、100万円を超える可能性もあります。それを、分割で何年にも渡って完済するまで支払い続けます。

ですから、病院やクリニックに行った時に、必ず、自分にはカナダ国内の保険がないこと、後日支払った時には領収書が必要なこと、その請求書の送付先をカナダ国内の滞在先にするのか、それとも日本の住所に送ってもらえるのか否か、その病院の会計課の方ときちんと話し合いを持つことを強く勧めます。

そして大切なのは、救急車であろうと病院であろうと医師であろうと、かかった時には必ず証明書や診断書、医師の署名も含めてきちんと文書化してもらい、資料として完済するまで保管しておきます。

完済するまでのあいだ、お住まいの役所に行き、国民健康保険における「海外治療費」の申請書をもらいます。保管しておいた英文による資料を要約でもいいから和訳し、申請書に記入すべき内容をすべて記載して、それに領収書と共に添付し、役所に提出します。

審査には数週間から数カ月かかりますが、結果として自費で支払った金額の7割は戻ってくる可能性があります。海外で認可されている治療法や投薬が日本で認可されていない場合は、国民健康保険の対象にならないこともあるので、7割すべてが還付されることは難しいかもしれません。しかし、その金額が数万円、数十万円という場合ならば、申請する価値はあると私は考えます。

海外旅行保険以外の保険として、私も外資系の保険会社にあたってみましたが、断られました。あえて危険なことを冒すとわかっている人を保険の対象とすることはない、ということです。

それでも、カナダ滞在中にケガをした場合、海外旅行保険会社に連絡するべきだと私は考えます。「プロ」としてブルライディングをされるわけではないですし、カナダでのアクティビティの一つとして試みるわけですから、その旨を説明し申請してみるべきだと考えます。その後の審査は確かに保険会社次第なので、おりるおりないがあると思います。

上記のことは、ブルライディングを何年も続けた末に知り得たことです。私は、最初は保険のことなど考えずに行ったので、ある意味、ダットさんはきちんと準備される方なのだと思いました。

カルガリーを含め、カナダでブルライディング・スクールに行きたいのであれば、その大半が冬の間なので、出発する時期をそれに合わせるのも一考かと思います。
下記のウェブサイトは、私の知り合いが運営するサイトで、2016年のロデオ・スクールに関する情報が記載されています。今年は全て終わってしまったようですが、いずれ2017年の情報も記載されるでしょう。


http://everything-cowboy.com/rodeo-news/rodeo-schools-in-canada-for-2016/


スクールと言っても、ほとんどが2日から3日間のものなので、残りの360日をどう過ごすか、色々と計画を練ることもお勧めします。


 
 

海外でのロデオ

 投稿者:ダットさん  投稿日:2016年 8月15日(月)21時33分49秒
返信・引用
  はじめまして! 東北在住の22歳です。

来年 ワーキングホリデーでカルガリーに行く予定で、ブルライディングスクールに通おうと思っているのですが、
ブルライディングをする場合は海外保険に加入できないと言われました。
海外経験もないため、この場合どうすればいいのかわからず悩んでいます。

ロデオ競技をカバーできる海外保険を探したほうがいいのか 海外保険とは別に保険に加入したほうがいいのか。

経験も知識ないため他にも色々あるのですが、今は保険のことで悩んでいます(^_^;)


詳しい方や、海外でロデオ競技をされていた方はどのようにしていたのか 教えて頂きたく投稿しました。よろしくお願いします。  
 

ありがとうございました(^^)

 投稿者:キャロりん  投稿日:2016年 5月27日(金)22時09分58秒
返信・引用
  Jakeさん、ありがとうございました!フェイスブックのほうは登録してなくて残念ながら見られないのですが、ブログ見せていただきました。これから全部読みます!写真いっぱいで楽しい~お嬢さんたちカワイイ~!空が・・・広い!お仕事は大変でしょうが、風景も人々もとってもステキなところですね。Jakeさんご一家が現地でとても愛されているのが伝わってきました。いいナー私、Jakeさんの娘になりたい!何といっても、Jakeさんの愛馬が超カッコイイ!ほれぼれ・・・ブログ更新、楽しみにしてます!お体お大事に、遠く日本から応援してます。今回はありがとうございました!  

(無題)

 投稿者:まいどJakeでんねん  投稿日:2016年 5月26日(木)22時55分12秒
返信・引用
  ちょっとはお役に立てたかな。僕がカナダでカウボーイとして働きうようになった経緯はフェイスブックのプロフィールに書いてあるので興味あったら読んでみてくださいな。フェイスブック Jake Itogawaで検索したら出てくると思う。あと長いことアップしていませんがブログみたいなもんもあるのでよかったらどうぞ。
http://gapviewranch.blog.fc2.com/
 

感激です!

 投稿者:キャロりん  投稿日:2016年 5月26日(木)00時51分36秒
返信・引用
  > No.1183[元記事へ]

まいどJakeでんねんさんへ

Jakeさんこんにちは。ありがとうございます!まさか本物のカウボーイさんからこんな温かい回答をいただけるとは・・・感激です!しかもいくつもの幼稚な質問にとてもていねいに答えてくださって、気持ちがとても楽になりました。きっと現地のかたがたもこんな温かい感じなんだろうなあ・・・冒頭でJakeさんが教えてくださったことはとても基本的なことなのに、今の日本にいるとすぐに忘れて人の目ばかり気にしてしまいます。

にしても、日本人のJakeさんがどういう経緯でカナダのカウボーイになられたのか、超興味あります~!まいど&でんねんからすると関西出身でいらっしゃるのかな?本物のカウボーイさんの生活ってどんなんだろう?いつかぜひお聞きしたいです!

本物のカウボーイさんもいろいろなタイプのブーツを履かれるんですね。それぞれに長所があって実際に仕事に使われてる方のお話は説得力あります。スパーリッジなんて言葉、初めて聞きました~。しかしさすが、ウエスタンファッションを「たかが作業着」と言えるのが格好いい!私も早くブーツを履きつぶしてみたいです(^^)
教えてくださったサイト、さっそく見せていただきました。写真が楽しい!カウガールがカワイイ!種類が豊富!今まで海外のサイトをどういうフレーズで検索すればいいか分からなかったのでとても助かりました。着こなしとか参考になります(^^)うふふ、私の買ったブーツも載ってました~

まずは手元にあるもので練習をして、上達したら(できたら)好きなものを少しずつそろえていこうと思います。んで、私みたいにつまらないことで悩んでる誰かに相談されたら、まずはJakeさんに教えてもらったことを教えてあげたいな。本当にありがとうございました!うれしかった!
体力勝負のお仕事大変でしょうが(カナダのどの辺りなのかな?冬は寒いんでしょうね~でも綺麗なとこなんだろうな~)お体大事になさってくださいね。

キャロりん



 

(無題)

 投稿者:まいどJakeでんねん  投稿日:2016年 5月24日(火)18時17分10秒
返信・引用
  キャロりんさん、こんにちは。カナダでカウボーイをしていますJakeです。といっても日本人ですが。。。ははは。

まず、覚えておいてください、カウボーイ、カウガールの間にこうじゃなきゃいけないなんてルールはありません。もちろん流行り廃りはありますが、基本的に、「安全で長持ちする。着心地、履き心地が良い。自分の好みに合っている。」それだけです。日本の乗馬クラブのそのオーナーの発言にはがっかりしました。実際のカウボーイは人に対してのマナーとかとても大事にします。ま、要は田舎の農家のおじさん、おばさん、そこで育った純粋な若者、子供たちですから。人のことを服でちゃかしたり、判断したりするような人はいませんね。

1.別に流行おくれではありません。一番ベーシックなスタイルだと思いますよ。ローパータイプは僕もはきますが、歩くのには楽ですね。でもそれじゃなきゃいけないなんて・・・。それはそこのオーナーのこだわりであって、人に押し付けるようなことじゃありません。ラウンドトウも楽だから僕は好きですが、とがったタイプももちろん履きます。僕は常にカウボーイブーツなのでセール品でサイズが合い、履き心地良ければ買いますね。たかが作業着です。おしゃれ用はちょっと奮発してもお気に入りを買います。そのお気に入りは、町に行ったりする時等に履き、2、3年後には作業用になるといった感じです。

2.分厚いラバーソールは僕も好きです。長持ちします。乗馬にも問題なく、歩くのも楽です。

3.ローパータイプのブーツはもともとローピングをする人たちをターゲットに開発販売したのかもしれないですね。これは僕のただの予想ですが。かかとも低く、すぼまることなく、底面積が広いので、馬から急いで降りるときにねんざの危険性も少なく、歩いたり走ったりする際にも快適。
スパーを引きずるのはヒールの部分につけるからかな?そういう人も見たことあるし、僕も一時期そうしていたこともありましたが、今はヒール部分じゃなくてかかと部分につけているので引きずることはないですね。写真2枚目のブーツのかかとは、横から見るとちょっとヒールの始まり部分がかかとから突き出てていますよね。スパーリッジと言って、スパーがちょっと上に乗っかり、下にズレることがないので僕は好きです。

4.ジーンズは外に出して履いておいた方が無難でしょう(これは僕の好みかな。でもうちの周りではブーツにインしている人は見たことありません)。日本での女性のファッションのことはことはわかりませんので何とも言えませんが・・・。

余談ですが、シャツは基本、ジーパンの中に入れるのが常識です。これは有刺鉄線に引っかかったり、トラクターや作業機に巻き込まれる危険を避けるためです。ま、日本での乗馬には関係ないですね
あと、barrel racer ,crueljeans 等で写真検索すると今どきのファッションが見えてくるかも。
こんな感じでhttps://www.nrsworld.com/tops/browse/brand/cruel-girl

体験乗馬のそこのオーナーにはちょっとがっかりですが、距離的にとかの理由でそこに行かざるを得ないかもしれないので、ま、そこは大人の対応で。ウエスタン乗馬楽しんでくださいね~!
 

教えてください~ウエスタンブーツについて~

 投稿者:キャロりん  投稿日:2016年 5月20日(金)21時45分57秒
返信・引用
  はじめまして。ウエスタン乗馬の先輩方、ウエスタンブーツについてまるっきりの初心者というか時代遅れの私に何点か教えてください。誰にも聞けず、ネットにもなかなか情報が見つからず悶々としています。

【質問1】先日、ウエスタン乗馬で使おうとトニーラマのブーツをオークションで手に入れたのですが、この形は乗馬の世界ではすっかり流行おくれのものなのでしょうか?(画像1枚目)体験で行ったクラブのオーナーさんに、これは・・・と絶句され、街で履いても可愛いんじゃない?と慰められました・・・恥ずかしくてその場でくわしく聞けずその後悶々としています・・・ずいぶん前から、馬乗りさんの間では、トゥはラウンドかスクエアで、かかとは太くまっすぐ、裏全体がラバーソールのものが常識なのでしょうか?

【質問2】トニーラマのTLXシリーズというラバーソール全体に深い溝が切ってあるタイプは、乗馬に使えるのでしょうか?それとも街履きやバイカーさん用でしょうか?(画像2、3枚目)

【質問3】ローパーブーツは、乗馬に使えるのでしょうか?森ガールさんたちがよく履かれていたのか、現在、フリマなどにジャスティンなどのローパーブーツが沢山出回っています。かかとが低いので、拍車を引きずったり、あぶみに足が深く入ってしまったりしますか?

【質問4】私は40代女ですが、ジーンズで乗る場合、スキニーなどをブーツインするのはおかしいでしょうか?ブーツカットを外に出して履くのが正式なのでしょうが、女性のライダーさんは普段はどうされているのでしょうか?(ブーツインは野暮な馬乗りとオカマのはき方とネットで書いてらっしゃる方がいて・・・)

本当に恥ずかしい質問ばかりで恐縮至極なのですが、どうぞどなたか助けると思って回答よろしくお願いいたします。
 

古着屋US.Blues、移転準備のための休業のお知らせ

 投稿者:AL(古着屋US.Blues)  投稿日:2016年 5月 1日(日)12時17分13秒
返信・引用
  「ウェスタンショップ一覧」でご紹介頂いております、
ロック&ウェスタン古着「US.Blues」のALです。

この度、当店は現在の藤沢市から、隣の隣「平塚市」に移転することとなりました。
その準備のため、7月頃まで休業させて頂きます。

ご迷惑お掛けして申し訳ございませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

http://plaza.rakuten.co.jp/usblues/diary/201605010000/

 

移転のお知らせ

 投稿者:TEDDY 藤井  投稿日:2015年 6月10日(水)14時46分3秒
返信・引用
  ウェスタンショップ一覧でご紹介頂いております、TEDDY'Sです。
昨年暮、東京都世田谷区に『革財布工房 TEDDY'S』として移転リニューアルオープン
しましたのでご案内させて頂きます。今後ともよろしくお願い致します。

革財布工房TEDDY'S(テディーズ)
代表:藤井隆広 TEL:03-5738-7158
http://www.teddys-freebird.com/

http://www.teddys-freebird.com/

 

アメリカン・スクエアダンスを楽しもう!

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2015年 5月 6日(水)21時28分0秒
返信・引用
  アメリカン・スクエアダンスを楽しもう!
ヨーロッパのフォークダンスなどをルーツに、アメリカの西部開拓時代をへて形をな
した、アメリカン・カントリーダンスは、全米のみならず、ヨーロッパやオーストラリアそして日本でも今、人気急上昇中です。
ライン・スクウェア・カップルと様々な踊り方があり、今回はその内のスクウェアダンスを取り上げました。軽快なカントリー&ウエスタン音楽等に乗って、4カップル8人が手を取り合い、英語のコールにより、隊形を変化させながら歩いて踊る、アメリカ生まれのとても爽やかな、ウォーキングダンスです。
年齢や性別に関係なく気軽に踊れますので、健康維持やストレス発散にもてき面で、中高年にも人気が高く、舞踊人口は年々約600人ずつ増えているそうです。全日本や全米規模のパーティーでは毎回数千人から一万人の参加者が集って、ダンスと交流の輪を広げています。国内はもとより、海外旅行先でクラブや教室を訪ねて踊ったりと、世界中の愛好者とコミュニケーションが楽しめます。
当会では初心者を基本に、各自のレベルに合わせたレッスンを心掛けています。貴方もカウボーイ、カウガール(?)の気分で楽しく踊ってみませんか。

「ふれあいフォークダンス・シリーズ」(スクエアダンス)
主 催 アストライアの会 協 力 日本セカンドライフ協会 志村スクエアダンスの会
ゲスト 藤崎正則さん 日本FD連盟公認指導者 幼少時の感電事故から電気技術者に
志村スクエアダンスの会指導部長、メイン・コーラー
日 時 平成27年6月21日(日)午後2時から5時
場 所 板橋区グリーンカレッジホール「教室3」都営三田線・志村三丁目駅徒歩約5分
内 容 前半はダンス、後半はお茶会になります。
費 用 お茶代込み参加費二千円
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで
備 考 当会はフォルクローレ(若者フォークダンス運動)の母体となった会です。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

レンタル掲示板
/111